カボチャとカブのシチュー oishii

 12月22日が冬至だったので、カボチャを食べようと、シチューを作りました。今日は、もう28日ですが…(笑)。今の時期はスーパーは、北海道産のカボチャが殆どだけど、産直野菜コーナーで、何と地場産のカボチャが売ってました。しかも、小さめだけど、1/3個で100円と安い。ついでに、冷蔵庫に残ってたカブも使いました。
 シチュー大好きなんですよね~。鍋一杯作っても、あっと言う間になくなるので、食べ終わる時は、ものすごくさみしい気分になります…。あと、シチューのマカロニも好きなので、一杯入れます(後で、料理本をチェックしたら、普通に4人分で120g使ってたから、そう多くもないのかな…?)。テフロン鍋で一番大きいのが、フライパンなので、いつもシチューをフライパンで作ってしまう。シチューだけは、洗うのが楽なテフロン鍋を、つい使ってしまいます。煮物も、量が多い物は、結構フライパンで作ってる気が。
 ゆずも買ってたので、ゆず湯を飲んで、その皮を使って、ゆず風呂も入りました。が、この皮でゆずジャムを作って、ゆずパウンドケーキにすると、激ウマなので、風呂に使うのが勿体ない…!と、しばし思案…。が、まあ、縁起物なので、ゆず風呂に使いました^^。
 米粉でホワイトソースを作れるそうなので、粉の半分は米粉で作成。全量を米粉でも、ホワイトソース出来るそうですよ。米粉の袋に書いてありました。水と牛乳の分量は、いつも量らずに、鍋に水や牛乳を注ぎながら、目分量で作るので、大体の量ですー、スミマセン。鍋の高さで、確かめて下さい。久々に、野菜沢山使って、栄養豊富なシチューになりました♪。


[材料:26㎝フライパン1杯分]
カボチャ(小) 1/3個(300g位)    
カブ(小)   2個
人参      60g
玉ねぎ     1/2個
鶏モモ肉    250g
マカロニ    80g(早茹でタイプ:3分のタイプ)

牛乳      500cc位  
お湯      2カップ前後(沸騰したての熱いお湯を)
油       大さじ4~5
米粉      大さじ5
小麦粉     大さじ4
塩       小さじ1.5
胡椒      少々


1、カブは厚めに皮を剥いて(←皮にエグミがある事があるので)、1㎝厚さの、イチョウ切りにする。人参は、1㎝の角切りに切る。カボチャは、種をとって、ラップをかけて、丸ごと電子レンジに3分かけて(こうすると、柔らかくなって包丁が通り易くなって、大きなカボチャも切り易く、鍋で火が通るのも早くて、便利)、粗熱が取れたら、皮ごと大きめの一口大に切る。鶏モモ肉は、大きめの一口大に切って、少し塩コショウ(分量外)する。
2、玉ねぎを、大きめのみじん切りに切って、フライパンに油をひいて、炒める。ある程度火が通ったら、残りの野菜の、人参、カボチャ、カブと、鶏モモ肉を入れて炒める。全体に油がまわって、鶏肉の表面に火が通ったら、フライパンの中に、小麦粉と米粉を入れて、粉っぽさがなくなるまで、ヘラでよく混ぜながら炒める。
3、2のフライパンの中に、お湯を少し入れて(最初は、30cc位の、少なめの量で。小麦粉がお湯でのばされて薄まってきたら、少しずつ多めの量に増やす)、ヘラで良く混ぜ、全体が混ざったら、またお湯を入れて、ダマにならないようにヘラでよく混ぜて…を、少しづつお湯を加えながら、フライパンの半分弱の高さに、お湯の高さがくるまで、お湯を加えて混ぜる。お湯がその位の量になったら、次いで、マカロニを加え、3分ほど煮込む。
4、3に、今度は牛乳を、数回に分けて、少しづつ加えて(牛乳を、電子レンジで少し温めておくと、時間短縮になる)、ヘラで混ぜて、全体に混ざったら、また牛乳を加えて、フライパン一杯分の量になるまで(フライパンの深さの8割の高さ位)、牛乳を加える(ホワイトソースのトロミが、薄くならない程度の牛乳の量にする。牛乳を入れて混ぜながら、牛乳の量を調整する)。
5、牛乳を入れ終わったら、塩、胡椒で味付けして、ごくごく弱火にして、好みの濃度と、具が柔らかく火が通ったら(7~10分位)、出来上がり。


f0364715_14010945.jpg



トラックバックURL : https://minhapraia.exblog.jp/tb/29003676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by outra_praia | 2017-12-28 16:09 | 鶏肉のおかず | Trackback | Comments(0)